スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年が良い年でありますように

色々あった年でしたねぇまったくもって(´ω`)

さて、Modを一つ紹介して本年の更新は終了にしようと思います。

基本的に最近はメイジプレイばかりなんですが、まぁこれは某大型魔法追加Modの影響です。が、今日紹介したいのはそれではありませぬ。

シージックローブでふんぞり画像


Psiijic Re-Skin several versions

サイジック会のローブのリテクスチャですね。おいらが用いているのはドヴァーキンバージョンの青色です(´ω`)

てか、ウインターホールド大学のクエストだとサイジックと訳されているのに、ローブの名称ではシージックと訳されているのは何故だw

生地の質感が良く、ノクターナル様のローブだと露出が多くて季節的に寒そうでならないと感じていた魔術師キャラのおいらにはもって来いのローブです(´ω`)

ちなみに元々エンチャントはついていない装備なので、破壊魔法の必要マジカを減少させるエンチャントを付け、マジカ回復速度を増加させるModを併用して使っております(´ー`)

死霊術師風やダークブラザーフッド風のものもあるので、ロールプレイの内容によって使い分けるといいでしょう。


ちなみに余談ですが、おいらのキャラクターは魔術師ですが同胞団(戦士ギルド)に所属していたりします(´ω`)

それも、同胞団のクエストをクリアするつもりは毛頭無く、単なる居候として所属しているのみです。

大きな理由としては、主要なギルドクエストはバード大学以外はやったものの、一番好きなのが同胞団だったので、同胞団唯一の魔術師というロールプレイを楽しむ為です(´ω`)

仲間の仇討ちの為に突撃していく的な、ある種王道と言えるシナリオはアツかったですよヾ(´ω`)ノ

あ、あと同胞団の本拠地であるジョルバスクルにリディアさんが移住してくるModがあったので、それも併用していますね。リディアさんにはオオカミの鎧を着せて、同胞団仕様にしてあります。

ただ問題はMidasの魔法を使うと稀にCTD起こす事なんですよねー。たまにイラっとして戦士系のキャラで作り直そうかとか思ってしまう自分がおります(*´д`*)ハァハァ

ま、一月にはCreation Kitの配布も始まるので、それ以降はもっとModの動向も多彩になっていくでしょうね。

ちなみにおいらはキットの配布が始まったらまずジョルバスクルを改造したいと思います。

ファストトラベルポイントを設置して、地下に自室として利用出来る個室を設置。あとは同胞団クエストをクリアしなくても、所属していればメンバーをコンパニオンに出来るようにします。

まずはキットに慣れる所からになるでしょうが、まずはこれを目標にMod作成を行って行きたいと思います。

ではでは皆様、色々な意味で来年は良きお年をお過ごし下さい(´ω`)
スポンサーサイト

トップ画像を変えてみた(´ω`)

偶然にもアサクリのModが手に入ったので、リフテンの宮殿でふんぞり返ってみたという画像ですごきげんよう(*´д`*)ハァハァ

ちなみにこのアサクリMod、既にファイル削除されているのか何故か見当たりません(´・ω・`)ショボーン

んで、Modの在り処が無くなったんだかおいらが見失ったんだか分からんが、とりあえず紹介するものが無いので今日は動画紹介。

まだ続いている動画なので、一話目へのリンクのみ貼っておきます。

[ゆっくり解説]ゆっくり霊夢と魔理沙のガンダム講座 一年戦争

ゆっくり達がギレンの野望を用いて一年戦争を解説していくというシリーズ動画です。

まぁ重度のガノタであるおいらからすると、ちょっと間違えている所があったりだとか、設定が確定していない事に対して明言してしまっていたりだとか気になる点はあるものの、よく調べていて平成ガンダムしか知らない世代に一年戦争の魅力を伝えようととても頑張っています(´ω`)

んで、ちょっと先日リュウガ君にこの動画をオススメしてみたら、おらと付き合いの長いリュウガ君ですら「連邦軍のMS撃墜数第一位がアムロ・レイ」だと勘違いしていやがった。おいらがガノタとしての基礎を叩き込んだのにそんな事も知らんとは・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

今回はその撃墜ランキングについてちょっと補足させてもらう。というか、動画紹介よりも実はこっちを語りたいというのが本音だったりする(´∀`)

さて、まずはそれぞれの陣営においての撃墜ランキング一覧。あくまでも「MS撃墜数」なので、艦船や戦闘機の撃破数は含んでいません。また、このランキングは「戦略戦術大図鑑」という資料におけるバンダイ公式の設定となっています。

ジオン軍
1位 ブレニフ・オグス中佐/193機
2位 ノルディット・バウアー中佐/191機
3位 ジョニー・ライデン少佐/185機
4位 エリック・マンスフィールド大佐/156機
5位 シン・マツナガ大尉/141機
6位 ギャビー・ハザード中佐/138機
7位 ロバート・ギリアム大尉/115機
8位 グレニス・エスコット中尉/103機

連邦軍
1位 テネス・A・ユング少佐/149機
2位 アムロ・レイ少尉/142機
3位 リド・ウォルフ少佐/68機
4位 シャルル・キッシンガム中尉/52機
5位 ロン・コウ少尉/43機
6位 フランクリン・ノボトニー中尉/37機
7位 デリス・ハノーバー少尉/32機

尚、ジオン公国軍と連邦軍で数え方が異なります。
ジオン公国=機体のカメラによる記録と友軍による証言
連邦軍=パイロットによる自己申告

うん、まぁ要するに連邦軍の一位はユングなんですわ(´ω`)

まぁこの人は戦後にニュータイプを仮想敵と考え始めた連邦政府によって撃墜数を水増しされたという疑惑もあり、真実は不明・・・・・・という設定になっております

反対に、ジオンの一位に位置しているオグス中佐やランク外になっているアナベル・ガトー大尉(当時)などはもっと撃墜していたという説が有力です。

オグス中佐は無駄弾を撃つ事を極端に嫌う正確無比な戦い方から「ワンショット・キラー」の異名で恐れられたエースパイロット。

そしてこのオグス中佐は人格者としても知られているのですが、それは徴兵年齢の引き下げや新兵の訓練期間の短縮などの方針には真っ先に反対の立場を示し、おまけに自分の戦果を部下に譲るといった事までしていたのだそうです。

つまり、部下に譲った戦果を計算に入れると、もっと撃墜していると考える方が自然という事ですね(´ω`)

「ソロモンの悪夢」の名で知られるガトー大尉に関してはジオンの撃墜スコアの計算方式が彼の戦い方に合わなかったとしか言えません。

彼の一年戦争時における公式撃墜数はおよそ100機前後とされていますが、ジオンのスコアは「機体のカメラによる記録と友軍による証言」という条件の下で計算され、自己申告では撃墜数として計算されません。そしてそんな彼の本当の撃墜数は、なんと200機を超えていたとする説が有力。

ちなみに、戦後連邦軍の士官学校で採用された教本に実名で登場する人物はアムロ・レイ以外ではこのブレニフ・オグスとアナベル・ガトーの二人だけだったりします。

あとはランキング外のエースとして個人的に三名注目株を挙げたい。

まずはユウ・カジマ中尉。

彼はキャリフォルニアベースの奪還作戦などを始めとする地上での作戦に従事した他、宇宙でも活躍した連邦軍のエースの一人。総撃墜数は60機を超えている為、本来ならば4位以上の位置にランクインしていて然るべきなのです。

しかし、搭乗機のブルーデスティニーが戦後に隠蔽されてしまった事でスコア自体が無かった事にされてしまったという、何かその後にも似たような事件があったなぁ的なエピソードを持つ人です。

そして残る二人は連邦軍のサミュエラ少佐とテキサン・ディミトリー少佐。このお二方ですが、MSのパイロットではなく、戦闘機のパイロットです。

それぞれサミュエラは「テキサスの黒い悪魔」、ディミトリーは「レディ・キラー」と呼ばれていました。まぁ後者は主に友軍から呼ばれていたんですが。

ディミトリーは終戦までにドップを中心に301機の航空機を撃墜し、戦闘機パイロットとしては撃墜ランキング第二位。サミュエラはそのディミトリーを凌ぐ撃墜数でランキング一位と設定されています。

戦闘機パイロットは一年戦争後期にはMSパイロットに転向するパターンが多い中、この二人は終戦まで戦闘機パイロットを貫きました。まさにです(´ω`)

尚、これはおいらの分析ですが、ジオンに比べて連邦のエースパイロットの撃墜数が自己申告の割に伸びていないのは物量作戦の影響でしょうね(´ω`)

数で勝っていた分、戦果も分散してしまって一人頭の実績が伸びなかったと。

逆に言えば、数で勝る連邦に対抗する事が出来たジオンのエースの凄みというのもよく分かるってもんですねヾ(´ω`)ノ

これもバグなのかなぁ?(´ω`)

つい先程あった変な出来事。

ホワイトランの東側、リフテン方向へと続く道へ続く橋を渡ってすぐの所では追い剥ぎなどがランダムで出没するので、ちょいと遊ぼうと思い向かってみたんです。

そこで出没したのは普通の追い剥ぎ。前回通りがかった時はハイエナ、その前は帝国兵を偽った野盗集団と、このポイントは色々起こるのでホワイトラン近辺に来たらよく立ち寄ります(´ω`)

んで、追い剥ぎは前作とは異なり猫さん以外の種族でも追い剥ぎをやっている事があり、今回はどうやらダンマーのようです。向かって来たのですが、そのまま話しかけられて金品要求されるのも何か癪なので、少し遊んでやろうと画策。

前作だと一定距離離れると元の位置に戻るっていう習性があったのが追い剥ぎ。そこで、同じ事をやっておちょくってから戦おうかと思っていたんですヾ(´ω`)ノ

ところが、この追い剥ぎ君は何やら一時停止したかと思いきや、おいらを追い越して行ってしまったのです。

そして盗賊が向かった先はバトルボーン農場。

ほのぼの盗賊

・・・・・・盗賊、農家に就職(;´д`)

皮をなめし始めたかと思いきや、その次は畑を耕し始めるし・・・・・・おいらから話しかけても相手にしてくれません(´・ω・`)ショボーン

なんつーか、遊んでやるつもりが逆に遊ばれた気分じゃよorz

ちなみに右にいるのは愛用コンパニオンのサーディアさんです。ハンマーフェルの集団アリクルが探している傷のあるレッドガードの女とは彼女の事です(´ω`)

傷があるものの整った顔立ちなので、導入しているテクスチャ次第で結構な美人になりますよヾ(´ω`)ノ

彼女をパートナーにしている理由はWeapons of the Third Era - Beta 1というModで導入されるシミターがカッコいいなぁと思ったものの、今のおいらのキャラはメイジで使わないので、似合うキャラを探して行き着いたのがサーディアさんだったんです。

ちなみに装備している鎧もFemale ImperialGale Armor as requested by friendというナイチンゲールアーマーを改変するModを使用。褐色のサーディアさんの胸元がばっくり開いていてかなりセクシーですよ(*´д`*)ハァハァ

本日は最後にオマケ。

playerenchantobject 877f1 b7a35

コンソールでこれを入力しますと、魔法耐性100%のアミュレットを入手できます。

これ、おいらはサーディアさんに使わせています。何故ならば、高威力の魔法を使う場合でもサーディアさんへの被害を気にせずに済むからです(´ω`)

魔法ばんばん撃ちまくるおいらは非常に重宝しているアイテムですヾ(´ω`)ノ

ふむ(´ω`)

北朝鮮の御大将が亡くなったようだぬ。まぁ驚いただけでおらにはあんまり関係ない話ですけど(´ω`)

とりあえず話はがらりと変わり、Skyrimのメインクエストクリアしたっすヾ(´ω`)ノ

そして、結局ルイスさんは三人以上は確認出来なかったwww

まぁそんな感じなので、少々気になるModも出たのでキャラクターを新しくしてみましたよー。

女ブレトンメイジ

それがこの娘でございます(´ω`)

ちょっとSS撮る場所が悪かったかなー。暗いわw

気になったModってのがこの髪型と服です。

服は以前もちょっとご紹介したアークメイジのローブをノクターナル様のローブに変更するものですが、それのハイクオリティ&リカラー版。

このローブのModはどうやら今後ストッキングとコルセットを追加する予定なようで、それに非常に期待しているおいらがいます(´ω`)

そして髪型はCoolsims Hair PackというModで、バニラとは一味違う質感の綺麗な髪型が追加されます。

このCoolsims Hair Packもちょっと目を離したら二種類髪型が追加されているなど、期待のModですね。

ちなみに種族はブレトンです。金髪に青い瞳ととてもそうは見えませんが、誰が何と言おうとブレトンです(´ω`)

撮影場所・・・・・・というか、現在拠点としているのはウインドヘルムの自宅ヒジェリムです。

コンソール入力でストームクロークに所属しないまま強引に入手し、同様にコンソールで強引に内部に残されている事件の跡を消し去り、使用しています。いや、事件現場っていう事とファストトラベルポイントから少し離れているって事を除けば優秀な物件ですよ?ヾ(´ω`)ノ

むしろウインドヘルムは雰囲気が非常に好きな都市なので、ファストトラベルポイントから離れているのは雰囲気を楽しむなら全然気にならないレベルだと思います。まぁ事件現場っていうのはコンソールで消去したおいらのように、無かった事にしないと気持ち悪いですけどね(*´д`*)ハァハァ

ただあれだ、チートで強引に入手したせいか本来常駐する筈のコンパニオンが現れません(´・ω・`)ショボーン

まぁ宿屋に行けば傭兵も雇えるし別にいいけどさ(´ω`)

尚、このデータでもルイスの馬泥棒クエストをクリアしてみたのだが、やはり終了後はホワイトランの馬屋の前で待機してるんだよなぁ。

ちなみに今回はまだ二人目確認出来ていません(´ω`)

そしてこの馬泥棒クエストはやり方次第でその馬を自分のものに出来るとの事だったので、実際にそうしてみましたw

このフロスト君、他の馬に比べて多少スタミナがあるような印象で気に入ってます。シャドウメアはダークブラザーフッドに所属しないと入手出来ないし、今回そのつもりも無いので、今回の愛馬はこのフロスト君に決定です。

とりあえず暫くはメインクエストは放置でミニクエスト中心に色々やって行こうかな(´ω`)

あ・・・・・・ありのままに今あった事を話すぜ!

おいらが ホワイトランへ戻ろうと思っていたら アレがいつのまにか増えていた

な・・・・・・ 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった・・・・・・

頭がどうにかなりそうだった・・・・・・ 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ・・・・・・


ルイス氏分裂バグ2



・・・・・・うん、ルイスさん増えた(;´ω`)

このSS撮影後、ファイアブレスでまとめて焼き払ってみたらバラバラに逃げまどい、おいらは衛兵さんに叱られたヾ(´ω`)ノ

別に三人もいるんだから一人や二人焼き払ってもいいじゃないか。・・・・・・まぁ三人とも焼いたんだけどさw

てか、ルイス氏は不死属性なんだが、なんかのクエストの重要キャラなのかなぁ?

揃ってホワイトランの馬屋の前で一日中つっ立ったままだし、元々どこにいたキャラなのかも分からんwww

特別な内容の会話がある訳でも無く、ううむ謎の多い奴・・・・・・奴ら?だ(;´д`)

とりあえずおいらの中では前作でのたまねぎポジが彼になりつつあります(´ω`)

ゲーム・オブ・ザ・イヤー

ゲーム・オブ・ザ・イヤー
(略称:GotYまたはGOTY)は、いろいろな雑誌やウェブサイトによって、優れたPC・コンシューマーゲームに与えられる賞。

※ Wikipediaより。


キタコレ(´ω`)

「The Elder Scrolls V: Skyrim」がGOTYを受賞ヾ(´ω`)ノ

流石はあらゆるゲーム関連メディアで高評価を獲得していた神ゲー(*´д`*)ハァハァ

ちなみにノミネートされていたタイトルは

バットマン:アーカム・シティ
ザ エルダースクロールズ V:スカイリム
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
ポータル 2
アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス

以上の五タイトルとなっております。

ちなみにSkyrim以外のタイトルに関してはGOTYこそ逃していますが、他の賞は受賞していますね。


バットマンが「ベストXbox 360ゲーム」賞
ゼルダの伝説が「ベストWiiゲーム」賞
アンチャーテッドが「ベストPS3ゲーム」賞
ポータル2が「ベストPCゲーム」賞


Skyrimは「ベストRPG」賞も獲得し、開発元のベセスダ・ソフトワークスも「ベストスタジオ」賞を受賞して見事な三冠。圧倒的ではないか、我が軍は(*´д`*)ハァハァ

尚、地味にスーパーマリオ3Dランドが「ベスト携帯ゲーム」賞を受賞していた(´ω`)マァドウデモイイヤ

それはともかく本日のスクリーンショットは現在のマイキャラです。

隻眼のドラゴンボーン


男ノルドで魔法は使わない脳筋キャラでござーますヾ(´ω`)ノ

持っている武器はまぁ・・・・・・有名なんで分かる方の方が多いでしょうね。ベルセルクのガッツ兄さんが愛用するドラゴンスレイヤーこと、いわゆる鉄塊

ただ、このModちょっとワタクシ独自にイジっております。

ドラゴンスレイヤーのModは画像に写っているものの他に、もう一種類あるんですが、その二種類を勝手に合成しちゃいました(´ω`)

画像に写っている方はメッシュとテクスチャはいいのですが、世界中のアイアングレートソードが全て鉄塊になってしまうので、ちょっと鉄塊だらけになってしまうのが残念だったのですよ。

もう一種類のドラゴンスレイヤーはテクスチャの金属の質感がぺかぺかでいまいち鉄塊らしくなかった。

だから、後者のドラゴンスレイヤーModに前者のメッシュとテクスチャを組み合わせて造り変えちゃった訳ですね(´ω`)

尚、現状画像に写っているドラゴンスレイヤーのメッシュとテクスチャはNexusからファイルが削除されている為に入手不可能です。

多分、Oblivionでこのメッシュとテクスチャを作成した人に無断で別の人間が移植して問題になったんではないかと思われる。まぁこの界隈では良くある話さ。

男ノルドでプレイ中なのはこのドラゴンスレイヤーが女では流石にゴツ過ぎて似合わなかったからなんですよねー(´ω`)

ちなみにアイパッチと着ている鎧のテクスチャもModで追加したものです。

とりあえず現在はこのキャラクターで同胞団のクエストを進行中。うむ、戦士キャラだからすげー似合うw

そして二枚目のスクリーンショットはつい先ほど撮れたてぴちぴち(´ω`)

ルイス氏分裂バグ


・・・・・・双子?(;´д`)

何故かホワイトランの馬屋の前でルイス・レットラッシュとやらが二人に分裂していた((((゜д゜;))))ガクガクブルブル

ええ、これ完全にバグですね。原因は定かでは無いですが、とりあえず双子は同胞団のファルカスとヴィルカスだけで足りてますのでお帰り下さい(;´ω`)

ちなみにベセスダのゲームはバグが多い事で定評がありますが、Modを入れるとそのModが原因でバグが発生する可能性もあり、場合によっちゃバグだらけにも成りえるのだが、こういう逆に笑いが発生するものは良しとしているおいらw

バントの人

さて、Skyrim日本語プレイ可能まで数時間といった所ですが、本日もニコ動紹介でつ(´ω`)

というか、今日ニコ動紹介しとかないと恐らくSkyrimの影響で暫く動画はノータッチになると思ったのと、最近マイリストが増え過ぎたので整理をしたいというだけなんですがw

今回はおいらが暫く前にハマったゲームのプレイ動画シリーズです。

数が凄いので、それぞれパート1へのリンクを貼るのみとしておきます。

この動画は通称「バントの人」が、「実況パワフルプロ野球」シリーズの試合やサクセスモードを超絶な制限を設けてクリアを目指す、一種の縛りプレイです。

尚、「バントの人」といううp主の通称の由来は、シリーズ三作目の「パワプロ9(開幕版) サクセス 球八高校 スイング禁止プレイ」が元で名付けられました(´ω`)

バントの人の縛り動画は以下の通り。


パワプロ9(開幕版)サクセス 球八高校 投手能力を上げずにプレイ
投手・直球が初期能力のまま球八高校ナインと共に甲子園優勝を目指す。

パワプロ8(開幕版) 投手 初期能力&メンバー縛りで伝説最強戦に挑戦
往年の名選手らの能力を複製したアンドロイドで構成される最強チームに対し、投手・直球がドラフ島連合と共に初期能力のまま勝利を目指す。

パワプロ9(開幕版) サクセス 球八高校 スイング禁止プレイ
球八高校野球部主将となった野手・バントがチーム全体にバットを振る事を禁止し、継承選手(過去に作成したオリジナルキャラ)の登場をさせないという縛りで球八高校の甲子園優勝を目指す。
ファンの間ではそのスタイルから「ミニマムベースボール」の愛称が付けられており、バントの人の通称はこの動画から来ている。

パワプロ11(決定版)サクセス 全日本 初期能力&正守備位置禁止プレイ
全日本代表として選ばれたある意味大物野手・直球が初期能力のままで、チーム内のメンバーを正規の守備位置以外に配置して優勝を目指す。

パワプロ8(開) メンバー縛り&スイング禁止で伝説最強戦
伝説最強チームに対し、野手・バントがドラフ島で収集した服部兄弟(能力の低い数合わせ要員キャラ)と共に初期能力のまま勝利を目指す。

パワプロ10(決) サクセス SA 送球禁止プレイ
新規参入球団サクセスオールスターズのオーナー兼選手となったドM氏が初期能力のまま、投球以外の送球を禁止という前代未聞の業務命令を下し、ペナントレース優勝を目指す。
また、地味に補強選手の年俸を5000万円以下というルールでも縛っている。

パワプロ9(開) サクセス 球八高校 スイング禁止&送球禁止プレイ
野手・バントがバントの人を一躍人気者にした球八高校スイング禁止プレイのルールに、投球を除く守備時送球禁止を新たに加えた縛りの極限状態で甲子園優勝を目指す。

パワプロ9(開) サクセス 球八高校 投手でチートプレイ
「バントの人のチートプレイなんて嫌な予感しかしない」という予感通り、投手・なおたまが改造コードを用いてチーム全員の能力、やる気を最低に変更し、逆チート状態で球八高校の甲子園優勝を目指す。
尚、なおたま以外の選手は全て一塁手が正規ポジションであり、それ故に「キャッチボールから始めよう」「野球しろよ」「ポロリもあるよっ!」などのパワプロ動画らしからぬタグだらけとなっている。



これらの動画以外にも、「バントの人の休日シリーズ」や、ファンの方が作成した「忙しい人の為のバントの人シリーズ」、「バントの人のネタ動画比較」などがあります(´ω`)

まぁあれです。こげな縛りルールじゃ普通勝てねぇ(*´д`*)ハァハァ

その上で、随所に挿入される小ネタのクオリティの高さが異常。

ちなみにルールには書かれていないものの、変化球を投げ間違えた時以外使用していないシリーズが実は多いでつ(;´д`)

最近公開が開始された映画、「マネーボール」の采配がテレビでも紹介されていましたが、正直バントの人の比では無いとおらは思うw

この動画を見ていた頃においらバントのみで一試合試しにやってみようと思ったのですが、難易度ノーマルでも出塁出来無さ過ぎて途中でリセットした。

ちなみに帝王実業の山口が右肩を壊してプロ入りを断念せざるを得なかったというコナミの公式設定は、バントの人のせいであるとファンの間では専らの噂です(´ω`)

うむ、本格的にSkyrimが日本語で出来るようになるまで待つようにした

という訳で、本日も動画紹介です(´ω`)

本日は「けいおん!」映画公開記念にこんなのを紹介。


ふわふわ時間 ~トゥ・ザ・ヴィクトリー~

あずにゃん「荒んだ心に楽器は危険なんですッ!!」






血みどろアニメとして知られる「機動戦士Vガンダム」の前半OPである「STAND UP TO THE VICTORY」と、「けいおん!」の「ふわふわ時間」を合成するという通常ならばあり得ないコラボw

しかし、驚異のシンクロ率で違和感が全く無いというこの事実。「もっと評価されるべき」タグも納得です(´ー`)

ちなみにこんな動画も最近うpされました(´ω`)



HONEY SWEET VICTORY ~トゥ・ザ・ティータイム~

ムギ「トチ狂ってお茶でも飲みに来たの? わたし、他人(ヒト)をギロチンにかけるのが夢だったの~♪」






こちらもシンクロ率が高い(*´д`*)ハァハァ

数あるガンダムシリーズの中でも特に戦死者が出まくる殺伐としたVガンが急にほのぼのアニメに思えてきちゃいましたよ?(´ω`)


尚、一応Vガンダムを知らない方の為に下記にその物語が始まるまでのおおまかな経緯を書いておきます。



機動戦士Vガンダム

UC0123年に発生したコスモ・バビロニア紛争の終結後、地球連邦政府の存在は形骸化。各コロニーサイドはその統治を離れた独自の運用体制を取り、軍事衝突の頻発する「宇宙戦国時代」が到来していた。
そのような時代背景の中、UC0149年にサイド2のアメリアコロニーを中心としたザンスカール帝国が建国。ギロチンによる恐怖政治と「人類は地球に回帰すべき」というマリア主義を掲げ、地球侵攻作戦を開始した。
地球連邦軍はそのような事態に至っても自戦力が整っていない事もあって無抵抗を続けており、それを良しとしないジン・ジャハナムを中心とした民間の抵抗組織「リガ・ミリティア」が結成され、各地で反攻作戦が開始される。
リガ・ミリティアが必死の抵抗を続けていたUC0153年、ポイント・カサレリアの不法居住者である13歳の少年、ウッソ・エヴィンはパラグライダーでの飛行中にベスパの試作機と遭遇。偶然この機体を奪ってしまった事から戦火に巻き込まれていく。



余談ですが、このザンスカール紛争の頃のガンダムタイプはその存在自体が伝説化しているのもちょっと面白い所です。
作中でクロノクルが「ヤツらはガンダム神話まで利用しようと言うのか」と発言している所からもそれが読み取れます。
一年戦争終結から既に70年以上が経過し、「一機のモビルスーツが戦局を変えた」とまで言われるアムロ・レイの活躍を知る者がいなくなってしまった事がその背景にはあるようです(´ω`)
何にせよ、数あるガンダムシリーズの中でもトップレベルで泣ける作品ですよっ。

Skyrim日本版発売までもう少し

ええ、あと一週間ですよ皆さん。買えっヾ(´ω`)ノ

でも今回のネタは久々の動画紹介です。

何故なら、Skyrimで馬が空を飛ぶバグにおいらも遭遇したが、撮影出来なくて凹んだからorz



さて、話は動画に戻って皆様はギレン・ザビという方をご存じでいらっしゃるでしょうか?

「機動戦士ガンダム」に登場する、主人公アムロの属する連邦と敵対しているジオン公国の総大将。それがギレン・ザビ閣下でございます(´ω`)

一年戦争当時のジオンはザビ家による独裁国家ですが、それを支えていたのがIQ240とも噂される長男のギレン。

弟であるガルマの死を政治的に利用し、更には和平交渉に動いた実の父親であるデギンを艦隊ごと謀殺。冷酷非道な悪役として描かれています。

このギレン閣下率いるジオン公国軍は、おいらもそうですがファンの中では好きな人が非常に多い。

今回ご紹介するのはそんなジオン派の方々の為のものといえる動画であり、それと同時に何故ジオン派が多いのかという疑問に対する、一つの答えとも言えます(´ω`)

GNO引退以来、TryForceのメンバーがこのブログを見続けていてくれるのかは分かりませんが、そんな皆に是非捧げたい動画でつ。





この動画はあるイベントでギレン・ザビによるガルマ・ザビ国葬の際の演説を中の人である銀河万丈さんが再現したもの。

演説で「何故だ」とギレンが問いかけるのに対し、シャアが「坊やだからさ」とバーで呟くシーンはとても有名ですね(´ω`)

ジオンが独裁国家だと分かってはいても、その場にいたら間違いなくジーク・ジオンと叫んでしまうであろうこのカリスマ性はヤバい(*´д`*)ハァハァ

デラーズ・フリートが一年戦争終結後も彼に心酔し、命を捨てる覚悟で連邦に一矢報いようとしたその心情もなんとなく分かる気がしちゃいますねヾ(´ω`)ノ
プロフィール

Mao

Author:Mao
GNO2及びGNO3で水物MSマニアとしてジオン軍所属チーム「TryForce」に君臨していた「深海の魔王」。
チーム内では魔王様に鹵獲した水ジムを奉納するという嫌がらせを行うと良い事が起こるとある種評判だった。
現在はタムリエルに君臨する為の橋頭保としてスカイリム征服を考えつつ第一級Mod建築士を目指していた筈だが、先輩や衛兵コンパニオンのヒットにより何だかそれも怪しくなってきた気がしないでもない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。